障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

トランジット麻生では、Adobe Photoshop(アドビフォトショップ)というパソコンソフトのスキル習得や、どれだけ使えるかの指標となる資格、「Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力試験」の試験対策のカリキュラムを行っています。

Adobe Photoshopは、イラストを描いたり、写真などの画像の加工をするためのソフトなので、デザインを仕事にしたい方は、Photoshopの操作ができることが大きなアドバンテージとなることでしょう。

本日はトランジット麻生で半数のメンバーさんが取り組まれているPhotoshopのカリキュラムのようすをお送りします。

こちらのメンバーさんは「パス」と「シェイプ」という描画機能について勉強中です。
Adobe Photoshop(アドビフォトショップ)はたくさんの画素が集まった「ビットマップ」と呼ばれる画像を扱うことに優れていますが、拡大しても輪郭のぼやけない「パス」や、パスで構成された木や鳥などのシンボルを描ける「シェイプ」という機能を使うことで幅広い装飾や描画力を身につけることができます。

さらにパスを使って既存のデザインやロゴを写し描き(トレス)すると、くっきりと綺麗なアウトラインを作ることができ、この操作に慣れることでオリジナルのロゴを作ったり、思い描いたイメージを形にする技術がしっかりと培われていきます。

「パス」は絵筆で描いたり塗ったりするのとは全く感覚の異なる世界です。

初めて経験する方にはとても難しい描画方法なのですが、これを自由に扱えるようになることはフォトショップの自由度を大きく伸ばせたり、イラストレーターを学ぶ入口にもつながっていますので、じっくり時間をかけて、テキストを見なくても綺麗なパスをかけるところまで、楽しく理解を進めていきますから、メンバーさんが言うには「自力で作り込めた時の達成感はとても大きい」のだそうです。

トランジット麻生フォトショップのスキルを磨いているメンバーさんは全員が未経験からのスタートですが、着実にステップアップしながら楽しく技術を習得しています。

そして、わからないことがあるときは、専門の知識を持ったスタッフが一人一人に合わせて分かりやすく指導にあたりますので、実務レベルまでスキルを上げることも可能です。

障がい者就労移行支援事業所トランジットは「Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力試験」の試験会場にもなっておりますので、いつも勉強している環境で試験を受けることができますよ!
(受験にかかる費用は全てトランジットが負担しています)

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階
【地下鉄麻生駅 徒歩1分】

TEL :011-299-8746
FAX:011-299-8746

E-mail asabu[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら