障がい者就労移行支援事業所トランジット

ご利用の流れ

Mainstream

ご利用から就職後まで下記のステップでサポートします。

ご利用までの流れ

STEP 1:見学

事前にご連絡を頂いた上でサービスや普段の事業所の様子について詳しく説明を行います。ご家族の方もお気軽にご相談ください。

体験利用
見学後、実際にトランジットでカリキュラムに参加をされたい方は1〜3日間の体験利用が可能です。
(体験時の昼食は各自でご用意ください)

STEP 2:面談

具体的なご利用方法について相談します。
利用開始日やお住いの地区で必要な手続き等についてご案内します。デイケア、グループホーム等、他サービスとの併用もご相談ください。

※ 就労継続支援A型、B型との併用は一部市町村を除いてできません。

STEP 3:利用開始

障害福祉サービス受給者証が発行されるとサービスの利用を開始できます。
初回の契約時には印鑑をお持ちください。

就職までの流れ

STEP 1:個別計画作成

個別計画は利用者の不可能なことではなく、どのような支援があれば何が可能かということを考えて作成し、就労実現に向けた技術の習得などを提案します。

STEP 2:個別カリキュラム

基本的な生活習慣、職場のルールやマナー、コミュニケーション方法をはじめ、専門的な内容まで自身のペースで幅広く学ぶことができます。

※ 具体的なカリキュラムは前項をご覧ください。

STEP 3:就職活動

履歴書添削や面接練習のほか、ご希望に応じて職員がハローワークや企業見学等へ同行することも可能です。

事業所内外実習
事業所内外で軽作業から、複雑な仕事を想定した業務などを行います。
どんな仕事に向いているかを確認しながら進め、企業と合意すれば就職につながる場合もあります。

STEP 4:採用

内定通知書を企業から提示いただき、採用決定です。

就職後のサポート

STEP 1:入社時

ご本人と企業が円滑にコミュニケーションを取れるように職場訪問、悩みや不安の解消などの支援環境を作ります。また、定期的な面談を継続することで、体調や心境の変化を早期にキャッチし適切なサポートにつなげます。

STEP 2:入社6ヶ月時

周囲の方々に理解や手助けを求めたり、職場環境に働きかけることができるようにしていき、職場内でも自然にサポートできる環境を作って行きます。

STEP 3:入社1年以降

体調や状況をみて問題がないようなら、サポートの頻度を下げていき、ご本人および企業双方が気軽に相談できる関係性を保ちながら継続的な職場定着をバックアップします。

事業所内外実習

事業所内外で実習できる企業の一例です。

自社実習

トランジットの関連会社で実務の体験ができます。

女性専用フィットネスクラブ

サウナ文化を広めるブランド

世界一辛いジンジャーエールを輸入する日本総代理店

家電、携帯端末などの買取

施設外実習

様々な企業様で、実習を行うことも可能です。

販売・接客

軽作業

WEB・デザイン

事務

1日の流れ

1日の流れのイメージにつきましてはこちらをご覧ください。