障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > 書き取りのカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

書き取りのカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

本日は、書き取りのカリキュラムをご紹介します。

書き取りのカリキュラムではただ無作為に文字を書くのではなく、ペン習字のテキストを使って正しく綺麗な字を書くことを意識したり、集中力を養ったり、お手本の字を真似ながら書いていくことで洞察力などの観察する力が自然と身に付いていきます。

文字の練習には「筆記具を変えてみる」というのも効果があります。
筆記具が変わると途端に綺麗に書けなくなることがあるからです。そのため、トランジット麻生では鉛筆やペンなどの「硬筆」や筆ペンといった「毛筆」まで、様々な練習スタイルを選べるようにしています。

毛筆で美しい字が書けるとお祝いやお香典、はがきの宛名書きで重宝されますが、それ以外にも様々な場面で活字には出せないインパクトを生み出します。

鉛筆やペンは線の強弱を筆圧でコントロールしますが、毛筆は筆の上げ下げでリズムを作り、生き生きとした表情を作ります。手の使い方が大きく変わるので、集中力や精神力が研ぎ澄まされ、その効果は他のカリキュラムにもプラスの影響が及ぼされます。
難しいですが、綺麗に書けた時の達成感は大きく、その連続が向上心につながっていきます。

トランジット麻生では毛筆タイプの筆ペンを用意しています。
毛筆での書き取りにチャレンジしたいというメンバーさんには、専門の技術を持ったスタッフが最初に「姿勢や構え方」から「とめ」「はね」「はらい」といった基礎になる部分を丁寧に説明します。

文字からは「誠実さ」や「実直さ」など社会現場で求められる性質のものを感じ取ることができます。
文字のまとまり方や線の質感、つまり「字形」によって「性格や立ち振る舞いの様子」が印象づけられることもあります。
何より、履歴書や就職した際などの書類を書く時に綺麗な字だと印象が良いですよね?

ペンや鉛筆で綺麗な字を書くには「正しい筆順で書くこと」が重要です。
そして、姿勢を正して肩の力を抜き、何度も丁寧に繰り返し書いて練習をすることです。

コツコツ練習をして、自然と綺麗な文字が書けるようにしていきましょう!

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階
【地下鉄麻生駅 徒歩1分】

TEL :011-299-8746
FAX:011-299-8746

E-mail asabu[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら