こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット
札幌では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

トランジットでは学校等に在学している学生ならびに生徒さんの実習や長期休み中の体験利用を受け付けております。
1名の生徒さんが高等支援学校様よりトランジット札幌へ実習に来られており、先日で4週間の実習の最終日を迎えました。

トランジット札幌ではメンバーさん1人1人に対応したカリキュラムを組んでいますので、実習の生徒さんにも興味のある事やどんな仕事に就きたいか等をお聞きして取り組む内容を決めて行きます。

毎朝実施している環境整備にも参加。
メンバーさんに掃除のやり方を教わりながら、どれも丁寧に取り組んでいました。

窓の掃除を教わっています

デザインとプログラミングに興味があるということで、まずはAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)と、Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)という2つのデザインソフトのカリキュラムに取り組みました。

イラストレーターは、テキストを利用してイラストやロゴを作りながら基本操作を学びます。
フォトショップは、写真の加工技術を学びました。

イラストレーターでピクトグラムを作っています
フォトショップで白黒の写真をカラーにしています

すぐに操作に慣れて、楽しみながらどんどんスキルアップしていました。
次に、プログラミングのカリキュラムにも取り組みました。

プログラミングのカリキュラムは、コードが入ったブロックを並べながら処理の流れを知ることのできるブロックプログラミングに取り組みました。
Scratchというwebサービスを利用して、ゲーム制作をしていきます。

こちらもすぐにコツを掴んで、細かい動きにこだわった立派なシューティングゲームが出来上がっていました。

ブロックを組み合わせて、動きをつけていきます
入力するキーによって技が変化したり、だんだん敵が強くなったりするように作りました

また、軽作業のカリキュラムにも挑戦。
自分では「綺麗にできなくて苦手だ」と思っていたそうですが、慎重に作業して綺麗な仕上がりにできていました。

チラシ折りの作業
他のメンバーさんとも協力して進めました

実習最終日には、スタッフから花束を手渡しました。

最後に挨拶をしてくれました

最初はとても緊張されている様子でしたが、徐々に慣れて周囲とのコミュニケーションが増えていきました。
特にプログラミングが楽しかったそうで、納得いくまで作品を作り込んでいました。
今回の実習の中で、自分の得意なことを新たに発見できたようです。

この実習で学んだことを、今後の学校生活やお仕事でも活かしてもらえたらと思います。
環境が変わっても、元気な挨拶と笑顔を武器にして活躍して欲しいですね。
お疲れ様でした!

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら