こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

効率的に仕事をする上で大切なことの一つに「オンオフの切り替え」があります。

仕事を頑張りたいからといって、休憩時間や家でも業務をすることは、かえって効率を悪くしてしまいます。

業務時間中は集中して仕事に取り組む「脳のスイッチがオン」の状態、休憩時間や業務時間外になったら体を休めたりリラックスする「脳のスイッチがオフ」の状態をしっかり切り替えます。

「オフ」の状態を作ることで、脳がしっかり休めるようになります。
ストレスが軽減されて、気持ちにも余裕ができます。
その状態で脳を「オン」の状態に切り替えたとき、高い集中力を発揮することができます。

そんな「オンオフの切り替え」を上手にできるようになるには、背外側前頭野の脳トレーニングが効果的です。
特別なものは必要ありません。
普段の生活の中でも行うことができます。

それは、料理をすることです。

料理をする時、いろいろなことを考えなければいけませんよね。
まず何を作るのか、どういう手順で作業するのか考えますね。
他にも、鍋を火にかけている間に別の作業をしたり、焦げないように注意したり、考えることがたくさんあります。
これから自分が行動することを想像しながら進めていくので、とても良い脳トレになるのです。

料理で脳トレをするためのポイントは、週に1〜2回は新しいレシピで作ること。
大切なのは、短い時間でもいいので「覚える」ことです。
レシピを見て、材料や手順を一時的にでも覚えることが脳トレになります。

大切なのは、ちゃんと脳の「オン」の時間を作ってあげて、たまに「オフ」にしてあげることです。
料理で「オン」の時間を作りつつ、リラックスする「オフ」の時間も作ってくださいね。

トランジットでも、就職に向けた「オンオフの切り替え」ができるように、カリキュラムの取り組み方などのアドバイスを行なっています。
カリキュラムの時間配分は、実際の仕事を想定して「本人の意思による自由な時間配分」で進めています。
どのタイミングで休憩を取るのが良いか、カリキュラムでの取り組みを通して発見していくことができます。

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら