障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> 体験談 > Hさん:40代 男性

就職体験談

Hさん:40代 男性

サービス業へ就職

13年前に職場で脳内出血で倒れ、そのまま緊急手術。自分と分かるまで、2ヶ月間。相当酷く、言葉が出ない、すぐ忘れる、覚えられない、右側が思うように動かない。装具を付けないと歩けない。装具を付けても走れない等々・・・

職を失い、30歳でこれからという時にどん底でした。リハビリしながら主夫をやっていましたが、知り合いに誘われて、B型事業所のポスティングの運転手を7年やっていました。だんだん言葉がスムーズになってきて、一般企業で働きたいという思いが出てきて、トランジットに4月からお世話になることにしました。

英会話・ホームページ作成など専門的なカリキュラムに驚きましたが、指導員さんの情熱と真剣さに助けられて、パチンコ店の駐車場の管理人として働くことになりました。

トランジットではとても成長できたと思っています。
特にトランジットクレドの9番と10番をこれからも大切にしていこうと思います。

メンバーさんをはじめ、指導員の皆さんには感謝しています。
ありがとうございました。

トランジットクレド

9番,つねに「学び」、「行動」し「実践して」みて失敗の中から成功する方法を諦めず見つけます。私たちは仕事はおもしろいということを知っています。仕事ほど自分を成長させてくれるものはありません。私たちは仕事を楽しめるよう思考を凝らしゲームの様に楽しみます。
(参考図書 仕事はおもしろい 斎藤一)

10番, 自分の限界を自分で決めず、制約条件をクリアにする習慣を身に付け「できない理由」を考えるのではなく、「どうしたらできるのか」を考えます。