障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > ビジネスマナー〜報・連・相は何のために?〜 – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

ビジネスマナー〜報・連・相は何のために?〜 – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

トランジット札幌では、2種類のビジネスマナーをそれぞれ週に1回行っています。
1つは、参加している他のメンバーさん同士で話し合ったり、コミュニケーションをとりながらビジネスマナーを理解し身につけていく「実践編」。
もう1つは、テキストを使用して学んでいく講義形式の「スキル編」があります。
本日は「実践編」の様子を紹介します。

今回のテーマは「報・連・相」。
「報告・連絡・相談」のことですが、仕事上で特に重要なこととして、ビジネスマナーのテーマとしても何度も登場しています。
では、どうして報連相は重要なのでしょうか?
報連相をしっかり行うメリット(利点)と、報連相を怠ることでどんなトラブルが起こるかをグループで話し合います。

司会者・書記・タイムキーパーなどの役割をそれぞれのグループで決めて、スムーズに話し合いを進めていました。

意見がまとまったら、各グループで発表です。

状況を確認できることで仕事をスムーズに進めることができる、相手に心配をかけないなどのメリットがあると意見がまとまったようです。

最後に、トランジットへ通所している中で、どんな場面で「報連相」が必要なのか考えました。
欠席や遅刻の連絡をする時、体調が悪いことを職員へ報告する、環境整備で他のメンバーさんと声を掛け合って確認しながら取り組む、業務日誌の内容をしっかり書くなど。
今日から実行できそうな「報連相」がたくさんありました。

トランジットに通所する中でも、普段から「報連相」を意識して、就職してからも自然に「報連相」ができるようにしていきたいですね!

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら