こんにちは。東京都港区の障がい者就労移行支援事業所トランジット浜松町です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット浜松町では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

昨日、トランジット浜松町を卒業され、本日6月1日より再就職を果たしたメンバーさんがいます。

ご卒業及びご就職おめでとうございます。

トランジットには、トランジットの理念をまとめた「クレド」があり、毎朝朝礼の時間に全員で読み上げています。

例えば、「返事は大きな声で「ハイッ」と、相手に心地よく伝わるような返事をします」「私たちは、笑顔を大事にします」など。

この度就職されたメンバーさんは、このクレドを一つひとつ心にとめ、実行されていた方です。
カリキュラムに関しては、作業系のものを中心に取り組み、クエストのMISSIONにも積極的に挑戦していました。

大きな障がいを抱えていますが、ご本人の努力と企業様との巡り合いで、見事就職につながりました。
企業様からは、ご本人のやる気と人間性を評価していただきました。

ホームページにメンバーさんの就職体験談を掲載しましたので、ご紹介いたします。

就職体験談 Aさん:40代 男性

事務職に就職

私はトランジット浜松町を初めて見学したとき「ここでやっていけそうだ」と思い、時間をかけずに再就職活動をしたいと思いました。

読書、名刺入力、切手の仕分け、グループワーク、ヨガ、就活講座などのカリキュラムに参加し、自分の得意なこと、苦手なこと、工夫をすればできることなどを学びました。そして一年が経過した頃から、本格的な就職活動を開始しました。

合同面接会をはじめ、いくつかの企業に面接に伺いましたが、今回の就職が決まるまでには、気持ちの切り替えが必要なことも度々ありました。

諦めるのは簡単だけど、今頑張っている自分の頑張りがもったいないと自分自身に言い聞かせ、スタッフも応援してくれていると思うと、諦める気持ちにはなりませんでした。
恐る恐る進んでいた時期もありましたが、就職できると信じていました。

就職が決まった企業の面接の時は、私が伝えようとしている姿を受け入れ、聞いてくれ、質問もしてくれました。
少しずつですが緊張がほぐれ、笑顔で話せるようにもなりました。

話したいことが話せる雰囲気と、自分にあった仕事を任せていただけること、自身の障がいに関して伝えても抵抗がなかったことで安心することができ、この企業でお世話になろうと思いました。