障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > Adobe InDesignのカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

Adobe InDesignのカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

トランジット札幌では、カリキュラムでAdobe Illustrator(アドビ イラストレーター)Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)を学んだメンバーさんが、更なるデザインスキルアップのためにAdobe InDesign(インデザイン)の操作方法を学んでいます。

Adobe InDesign(アドビ インデザイン)は主にパンフレットやカタログ、雑誌など複数のページがある印刷物のデザインに使用されます。

Illustratorと似ているところも多くありますが、それぞれ得意分野が違っていますので、用途に合わせて使い分けていくのがスムーズにデザインを作成するコツです。

InDesignは「ページ」という考え方で制作を進めていきます。
実際の出来上がりをイメージしながら、それぞれのページにデザインやレイアウトをしていきます。

Illustratorで作成したロゴやイラストをドラッグでコピーすることができますので、スムーズに作業ができます。

また、InDesignでは「マスターページ」という機能を利用して、複数のページに同じデザインを適用することができます。
ここでは、犬のイラストとテキストをマスターページに配置してみます。

すると、他のページにも同じレイアウトで犬のイラストが表示されます。

この「マスターぺージ」の機能を利用して、ページ番号を自動で振ることもできます。
マスターページにページ番号を入れる箇所を作成します。

すると自動でページ番号をそれぞれ振ってくれます。

このように、InDesignには便利な機能がいろいろとありますので、ぜひ使い方をマスターしてデザインに活かしていきたいですね!

カリキュラムでは、テキストを見ながら実際にデータを制作していきます。
わからないところは専門の知識を持ったスタッフに質問することができますので、InDesignを操作したことがない方でも安心して取り組むことができます。
メンバーさん一人ひとりのスキルに合わせて、スキルアップをしていくことが可能です。

本日はじめてInDesignに取り組んだメンバーさんは、Illustratorとの違いに戸惑いながらもカリキュラムを進めていました。
印刷物のデザイン関係の職への就職を目指しているメンバーさんですので、ぜひInDesignをマスターして職場で活躍できるようになりたいですね!

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら