障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > ビジネスマナー〜電話応対〜 – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

ビジネスマナー〜電話応対〜 – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

トランジット札幌では、週2回ビジネスマナーのカリキュラムを行っています。
本日は、ビジネスマナーの中でも重要な「電話応対」について学びました。

電話応対を上手にできるようになるには、「とにかく慣れる」のが一番の近道…ということで、トランジット札幌のビジネスマナーでは、実際の場面を想定して言い回しを考えて練習をしています。
声に出して繰り返し練習することで、実際に電話応対をする場面でもスムーズに言葉が出てくるようになります。
また、文章を目で見るだけでなく、耳からも情報が入ってくるので、テキストを読むだけよりも覚えやすいです。

今回は、電話応対の中でも「電話を取り次いで欲しいと言われた相手が自分の職場に在籍していない時」について、実際の場面を想定して練習しました。

「〇〇様いらっしゃいますか?」ときかれて、「自分の職場にそのような人は居ない」と伝えたい時に、どういう言い回しをしたら良いでしょうか?
事業所や営業所が複数ある会社の場合、間違えて他の事業所に電話をかけてくる人も居ます。
今回のケースでは、会社に第1営業所と第2営業所があり、違う営業所の方への電話でした。
「もしかして第1営業所の電話番号と間違えて居ないか」を確認し、第1営業所の電話番号を伝える必要があります。
参加したメンバーさんは、相手に失礼にならないように表現を工夫して練習をしていました。

メンバーさんからは、「こういう場合は?」「この言い方は正しい?」など積極的に質問があり、職員や他のメンバーさんの話を聴きながら真剣にメモを取っていました。

業種に関わらず、多くの職場で電話応対をする場面があります。
電話の受け答えで会社全体の印象が変わりますので、就職に向けて気持ちの良い電話応対ができるようにしておきましょう!

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら