障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > ホームページ制作カリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

ホームページ制作カリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

トランジット麻生ホームページ制作の様子をお伝えします。

インターネット上にあるたくさんのウェブサイトはすべて人の手で作られています。
「自身の手でホームページを制作する」ということは一見して「ハードルが高そう、難しそう」と思うかもしれませんが、基本からじっくり理解していくと意外にも難しいものではなくなっていきます
そうして、まったく初めてのゼロの状態からホームページ制作を学んで自分のホームページを作れるようになったメンバーさんもいます。

ホームページ制作では「HTML」と「CSS」という形式のファイルを記述して作っていきます。

HTMLは画面に現れる見出しや記事などの「文書の本体」で、CSSは文字を大きくしたり、色を変えたり、枠を付けたりと表情付けをする「スタイル指示書」です。
カリキュラムでは、基本のテキストを見て実際にホームページを作成していき、わからないところは専門知識を持ったスタッフに質問する事ができるので、安心して進める事ができます。

今日のメンバーさんは基本的なタグとスタイルプロパティを理解し、2周目のテキスト学習に取り組んでいます。

スタートのときはホームページ制作をまったく知らないところから始めましたが、2周目では理解力が付いてきているので、1周目でよくわからなかったところがスッと入ってきてわかるようになります。
よくわかる上で、プロパティに指定する色や数値を「変えたら何がどう変わるんだろう」と考える気持ちの余裕も生まれます。

2周目の学習ではスタイルプロパティで指定する色やサイズ、Webフォントは「テキスト通りでなくても意味が分かったところは自分自身のセンスで好きなスタイルを作ろう」と制限なく取り組めるようにしていますので、「思い浮かべたイメージに寄せる」という実務寄りの良い経験ができますし、実力に合わせて知識を増やすためのテキストに移りながらサーティファイ主催の「Webクリエイター能力認定試験に挑戦することもできます。
トランジット麻生は認定会場に登録していますので、慣れ親しんだ学びの環境そのままでの受検が可能です。

トランジットのホームページ制作は「やってみたい」という気持ちがそのまま力になっていくカリキュラムです。

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階
【地下鉄麻生駅 徒歩1分】

TEL :011-299-8746
FAX:011-299-8746

E-mail asabu[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら