障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > Microsoft Word(マイクロソフトワード)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

Microsoft Word(マイクロソフトワード)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

本日は、トランジット札幌のパソコンのカリキュラムの中からMicrosoft Word(マイクロソフトワード)のカリキュラムを紹介します。
Wordはビジネス文書の作成などを行うソフトで、事務に限らず多くの職種で必要とされます。

カリキュラムでは、基本的な操作から実践的な機能の使い方まで、一人ひとりに合わせてテキストを使って学習していきます。
知識のあるスタッフがいますので、わからないことはいつでも質問をすることができます。

今回紹介するメンバーさんは、Wordの基本的な操作を習得し、さらに実践的な技術を学んでいます。
現在は「アウトラインとスタイル」について、テキストを見ながら取り組んでいます。

「アウトライン」とは、文書に見出しのスタイルを階層的に設定できる機能です。
設定した見出しに対して「第1章、第2章、第3章…」「1-1、1-2、1−3…」などのように、連続した番号をつけることができます。

アウトラインでスタイルを設定しておくと、後からスタイルを変更する際に1つ1つ変更する必要がないので、効率よく文書を作成することができます。
効率よく作業ができるための技術は、仕事でも重要ですから、ぜひ身に付けたいですね!

Wordのカリキュラムでは、MOS試験というWordExcelをどの程度使いこなせるかという指針になる資格の取得に向けたカリキュラムもあり、試験の受験費用はトランジットで全額負担しています。

パソコン技術の習得はハードルが高いとお考えの方へ

パソコンの技術習得は決して難しいものではありません。
札幌の障がい者就労移行支援事業所トランジットでは、一人ひとりの能力に応じて無理なくパソコン技術が習得できるように、個別にカリキュラムを組み、わかりやすくトレーニングいたします。全くパソコンを触ったことのない方も楽しく勉強中です。
利用体験でパソコン技術習得のカリキュラムを試してみることもできます。

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら