障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > 挨拶の練習 – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

挨拶の練習 – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

トランジット札幌では、ビジネスマナーの訓練の一環として朝礼の後に挨拶の訓練を行っています。
メンバーさんがお客様役になり、シミュレーション形式で挨拶の練習をしています。

一人がお客様の役になって廊下に出て、ノックするところから始めます。
お客様役のメンバーさんが、入室して挨拶をします。

他のメンバーさんは、まず挨拶を述べ、それからお辞儀をする。動作を二つに分けて行い、同時にはやらない。
これを分離礼と呼びます。

同時にやるのは同時礼と言って、丁寧さでは少し落ちます。なのでトランジットでは分離礼に統一しています。
慣れないうちは、声を出したり、頭を下げたりするのが気恥ずかしくて小さくなってしまいますが、心配いりません。
毎日続けていると、気恥ずかしさを忘れてしまい、気がつくと誰よりも大きな声で挨拶していたりします。

続けて退室の挨拶をします。
お客様役のメンバーさんが「失礼します」と挨拶をして、退出していきます。

今度は椅子に座ったまま「ありがとうございました」と頭を下げます。

元気よく挨拶ができると気持ちがいいですよね!

挨拶は、事業所内のメンバーさん同士のコミュニケーションはもちろん、就職の準備段階である会社見学や実務実習、就職後には職場の同僚やお客様など、常に必要とされます。
挨拶でその人の印象はもちろん、会社全体の印象も変わりますので、「笑顔で、元気よく」挨拶することを意識していきましょう!

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら