障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > 週間目標の振り返りと設定 – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

週間目標の振り返りと設定 – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌
では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

トランジット札幌では、その週の最初の通所日の最初のカリキュラムで、週間目標の設定と振り返りを行っています。
カリキュラムのことや生活習慣などで一週間で達成できそうな目標を次週の週間目標として設定し、1週間後に設定した目標の振り返りをします。

目標を設定することは、1日1日を充実させることにつながります。
これは、就職をした後も仕事やプライベートでも非常に大切なことです。

トランジットでは、週間目標記入表という決められた用紙に目標の設定と振り返りを記入します。
紙に書いておくと、設定した目標を忘れにくくなりますね!

週間目標記入表には7つの記入項目があります。

1.今週の学びたいことや頑張りたいこと、先週の課題点の克服など(活動計画)
この項目には「Wordのテキストを3章まで進める」「遅刻をしない」「笑顔でコミュニケーションを取る」など、今週頑張りたいことを具体的に記入します。

1-2.どうやって達成するのか?
1に記入した内容について、その目標をどうやって達成するのか、具体的な方法を記入します。
「わからない箇所はすぐに質問するようにする」「メモをしっかり取るようにする」「寝る時間を決めて、生活リズムを整える」「自分から積極的に話しかける」などなど…

2.今週の振り返り(自己評価)
前の週に1で設定した目標の振り返りを記入します。
「できた」「できなかった」ではなく、達成した具体的な内容と達成しなかった具体的な内容を記入します。

2-2.それはなぜ達成したか、達成されなかったか(目標計画の見直し)
目標を達成した具体的な理由(どうして達成できたか?)と達成しなかった具体的な理由(どうして達成できなかったか?)を記入します。
理由を明確にして振り返ることで、次週からどう取り組んでいくかがはっきりしてきます。

2-3.次週に向けどう取り組むべきか(計画改善、対策)
目標を振り返って、達成できた目標はステップアップ(「Excelの3章が終わったので、次は4章終了まで進める」など)、達成できなかった目標は改善(「寝る時間を決めたがその時間を守れなかったので、アラームを設定して時間を守るようにして生活リズムを整える」など)を記入します。

3.月間目標の振り返り(今週までの達成度)
月の初めに設定した月間目標の振り返りを記入します。
現時点での達成度を10段階で評価してマスを塗り、具体的な内容を記入します。

実はトランジットの目標設定と振り返りはPDCAサイクルに基づいているんです。
これらの項目をしっかり記入することでP(計画)D(実行)C(評価)A(改善)サイクルができます。
目標を設定して、行動した結果を振り返り、改善方法を考えています。

また今週から新しい週間目標を立てて、就職に向けて頑張っていきましょう!
職員も精一杯のサポートをさせていただきたいと思います。

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら