障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > 書き取りのカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

書き取りのカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生です。
障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

本日は、書き取りのカリキュラムをご紹介します。

書き取りのカリキュラムではただ無作為に文字を書くのではなく、ペン習字のテキストを使って正しく綺麗な字を書くことを意識したり、集中力を養ったり、お手本の字を真似ながら書いていくことで洞察力などの観察する力が自然と身に付いていきます。

「心正しければ筆正し」という言葉があります。文字はその人の心や人となりを表し、書き手の印象に結びつくという意味ですが、パソコンやスマートフォンが広く浸透し活字中心の社会となった現代でも、書き文字の印象に重きを置く社会現場が少なくありません。
何より、履歴書や就職した際などの書類を書く時に綺麗な字だと印象が良いですよね?

漢字は毛筆の文化として日本に定着しました。毛筆で文字を書く時に重要なのが筆の運びで、筆順が正しくないとバランスを取るための基準の線を見失って形が崩れてしまいます。
同様にペンや鉛筆で綺麗な字を書くには「正しい筆順で書くこと」が重要です。
そして、姿勢を正して肩の力を抜き、何度も丁寧に繰り返し書いて練習をすることです。

コツコツ練習をして、自然と綺麗な文字が書けるようにしていきましょう!

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生では、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット麻生

〒001-0039
北海道札幌市北区北39条西5丁目1-1 K39ビル2階
【地下鉄麻生駅 徒歩1分】

TEL :011-299-8746
FAX:011-299-8746

E-mail asabu[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら