障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > スタッフの声 > 障害者虐待防止法を当事者(知的障がい)と考える講演会に参加しました – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

障害者虐待防止法を当事者(知的障がい)と考える講演会に参加しました – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センターです。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター
では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

先日、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センターのスタッフは、「障害者虐待防止法を当事者(知的障がい)と考える講演会」に参加させていただきました。

障害者虐待防止法は、平成24年10月1日に施行された法律です。
国や地方公共団体、障害者福祉施設従事者等、使用者などが責任を持って障害者への虐待を防がなければならないとし、虐待を受けたと思われる障害者を発見した人に通報する義務があるとしています。

この講演会では、〜障害者虐待防止法を当事者(知的障がい)も知ろう〜「障がい者の虐待防止について」というテーマで、
社会福祉法人 朔風 常務理事・事務局長 森本千尋 様
よりご講演を頂きました。

内容としては虐待にはどの様な種類の虐待があるのか、どの様なことが虐待につながるのかなどといった事を学んできました。

障害者虐待防止法を当事者(知的障がい)と考える講演会に参加しました – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

その後、当事者2名を加えてパネルディスカッションが行われました。
パネルディスカッションでは2名の方の実体験から、虐待防止について考えていきました。

障害者虐待防止法を当事者(知的障がい)と考える講演会に参加しました – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

今回の講演会を通して、障害者への虐待防止について多くの事を勉強させていただきました。
障害者就労移行支援事業所トランジットでは今後も職員一人ひとりが様々な研修へ参加させて頂きながら、職員自身がステップアップしていけるよう日々勉強していきます。

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センターでは、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら