障がいがある方の就職をサポートする就労移行支援事業所
【トランジット】 | 札幌麻生東京(浜松町)

障がいがある方の就職をサポート
する就労移行支援事業所

> トランジットニュース > センターの様子 > Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

こんにちは。障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センターです。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター
では、障がいをお持ちの方や難病を患っていらっしゃる方が一般就職するためのサポートを行っています。

本日は、Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)というパソコンソフトの技術習得のためのトレーニングのカリキュラムをご紹介いたします。

Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)とはウィキペディアでは

Microsoft Excel(マイクロソフト・エクセル)は、マイクロソフトがWindows及びMac OS向けに販売している表計算ソフトである。Microsoft Wordとともに、同社のオフィススイート「Microsoft Office」の中核をなすアプリケーションである。

用途

Excelは表計算ソフトであるため、本来は表を作成して合計などの計算や、これを基にしたグラフの作成などに用いられるものである。「平均を求める」「標準偏差を求める」「文字列中のn番目の文字を取り出す」などのよく使う計算や検索の作業は、数百種類ある「関数」と呼ばれる手続きにまとめられており、この関数を組み合わせることで相当高度な計算も可能である。

参照元:ウィキペディア

と書いてあります。
簡単に説明しますと計算をしたり、その計算を元にグラフを作ったりできるとても便利なソフトで、様々な職種で使われており、特に事務や経理などのお仕事では必ず必要となってくるソフトです。
Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)の操作技術を習得すると、就職先の幅が広がりますね。
障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センターの中でもかなり人気のあるカリキュラムです。

Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

Microsoft Excel(マイクロソフトエクセル)のカリキュラム – 障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センターでは、全くのパソコン初心者の方から経験者まで、一人ひとりに合わせてカリキュラムを組んでいますので、「勉強のレベルが合わなくてついていけない」ということはありません。
皆さん、楽しみながら就職に向けてカリキュラムを受講されています。

さらに希望される方には、どこまで技術習得できたかのバロメーターとなるMOS試験対策を行っております。試験の費用は全額トランジットが負担いたします。

利用体験でもMicrosoft Excel(マイクロソフトエクセル)のカリキュラムを受講することができます。
ご興味のある方は、この機会にいかがでしょうか?

気軽にお問い合わせください

現在、障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センターでは、就職を目指している障がいのある方や難病を患っている方・障がい者雇用をお考えの企業採用ご担当者様・クリニックのご担当者様からの見学・利用体験・ご相談・ご質問などを随時受け付けております。障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断があればサービスを利用することができますので、お気軽に問い合わせください。

障がい者就労移行支援事業所トランジット札幌センター

〒001-0017
北海道札幌市北区北17条西4丁目1-3 マミヤビル2階 201号
【地下鉄北18条駅 徒歩1分】

TEL :011-776-6152
FAX:011-776-6152

E-mail info[at]transit-iko.net
※[at]を@に書き換えてください。

お問い合わせページはこちら